なぜWindows 7が100Mの隠しパーティションを自動的に構築するのか

  

なぜWindows7が100Mの隠しパーティションを自動的に構築するのか

この記事はコミュニケーションについて議論するためにのみ使用されます。

なぜWindows 7は自動的に100Mの隠しパーティションを作成するのですか?下記の状況が唯一の本当の理由ではないかもしれませんが、それは1つであるべきです。

これは、Win7を4KB以上のハードディスククラスタのパーティションにインストールできるようにするためです。NTFSフォーマットでは、ブートファイルは4KBクラスタのパーティションでしか動作できないため、この100MはWin7のブートファイルを格納するために使われます。このようにして、Win7のメインパーティションは他のサイズのクラスタに設定することができ、FAT32のフォーマットでさえも(検証される予定です)。

クラスタが大きくなればなるほど、ディスクのパフォーマンスは向上し、フラグメンテーションは少なくなりますが、使用するスペースは大きくなりますが、今ではハードディスクが大きくなり、パフォーマンスのためにいくらかのスペースを犠牲にする価値があります。

これを行うことができます、CD-ROMブート、最初に100Mシステムパーティションを確立するためにWindows自身のパーティション機能を使用し、次にプライマリパーティションを確立するためにPMにUディスクまたはCDを終了し、そしてクラスタのサイズを指定します。 > PS:これは、今日のアロケーションユニットのサイズを調べるときに得られる経験です。間違っている場合は、スプレーしないでください。〜

100M隠しパーティション関連の記事:

1、Windows7自己構築型隠しパーティションのインストールBig Secret

2、Windows 7の隠しパーティションQuest

3、フォーマット済みを使用 - Windows 7のインストールで隠しパーティションが作成されないようにする

Copyright © Windowsの知識 All Rights Reserved