Windows 7システムの複合ショートカットキー機能

  
        

Windows 7 RCには、新しい組み合わせのショートカットがいくつか追加されていますこれらのショートカットの組み合わせを使用すると、Windows 7の利便性と速度が向上します。いくつかのショートカットと、Windows 7インターフェイスの便利さを考慮したショートカットをまとめました。

注:Windows 7はまだリリースされていないため、これらのヒントは公式バージョンでは変更される可能性があります。

まず、ショートカットキーを使用してWindows 7ウィンドウを管理および操作します。

Win +上下の方向キー:プログラムウィンドウのサイズを調整します。

プログラムウィンドウのサイズが頻繁に発生します。特にデフォルトウィンドウと最大化の間の操作。 Windows 7より前のバージョンでは、右上の最大化/復元ボタンをクリックするか、タイトルバーをダブルクリックするだけで、現在のウィンドウを最大化したいときは、Win +上向き矢印のキーボードの組み合わせも使用できます。インプリメンテーション;元のウィンドウに戻るには、下矢印キーを押します。特に、元のウィンドウの下にあるWin +下矢印を押すことで最小化できます。

最大化、復元などのために、上記のショートカットと以前のマウスモードに加えて、操作モードがあります。ウィンドウのタイトルバーでマウスを停止し、クリックして画面の上端までドラッグすると、ウィンドウが表示されます。自動的に最大化され、同じように上からドラッグすると元のウィンドウに戻ります。この方法は、タッチスクリーンデバイスでの使用に適していますが、タッチデバイスをサポートする新しいシステムとして、このような操作は後で説明するように、より多くの場所に表示されます。

Win + Shift +上下の矢印キー:ウィンドウの高さを最大化する

デザインやアートに携わる人々にとって、大画面の高解像度ディスプレイデバイスは非常に必要です。普通の人々の日常的な使用のために、大きすぎるスクリーンは時々ドラッグです。多くのソフトウェアは特に表示領域をそれほど必要としません。そのため、Webを閲覧するなど、ウィンドウの高さを長くしたいだけで、幅を増やす必要はありません。 Microsoftは明らかにこれを考慮に入れているので、Windows 7の非常に最大化された操作で、幅は同じままで、Win + Shift + Upキーの組み合わせで現在のウィンドウの高さを最大化できます。 +下に移動すると元の位置に戻ります。

マウスをどのように操作しますか。マウスをウィンドウの上端に合わせて二重矢印のパターンにすると、マウスをデスクトップの上端まで引き上げることで高さを最大にすることができます。ウィンドウの下端で停止して一番下まで引き下げると、同じ効果があります。

Win +左右矢印キー:2つのウィンドウを並べて表示

19インチ以上のワイドスクリーンディスプレイが普及しているため、1つのスクリーンに2つ以上のウィンドウを並べて表示することは実用上非常に重要です。ただし、毎回手動でサイズ変更して配置するのは不便です。 Windows 7の登場により、この問題はある程度改善されましたが、2つのウィンドウを並べて表示する必要がある場合は、キーを組み合わせて使用​​できます。 Win +は画面の中心線を基準として現在のウィンドウを左に左に移動し、最大化します(Win +は元の位置を右に復元します)、右にWin +は表示されます(Win +は左に表示)。このショートカットセットを使用すると、2つのウィンドウを簡単に並べて表示できます。この機能は、頻繁に書く友人に便利です。情報の半分とソフトウェアの編集に残りの半分を使用できます。

Win + Shift +左右の矢印キー:デュアルディスプレイドラッグウィンドウ

これは、複数のディスプレイデバイスに接続されたコンピューター用に設計されたショートカットキーです。以前はプログラムを別のディスプレイに移動するにはドラッグが必要でしたが、この2組のショートカットを使用すると現在のウィンドウを左右のディスプレイに簡単に送信できます。

次に、Windows 7のインターフェイス設定操作スキル

自動調整ボリュームを削除します。

コンピュータが電話やその他の通信活動を行っていることをWindows 7が検出すると、自動的に相手の音量を下げます。ボリューム、あなたがこれを好まなければ、あなたはそれを消すことができます。タスクバーの通知領域にあるスピーカーのアイコンを右クリックして[サウンド]を選択し、[通信]タブに移動してオプションを[何もしない]に変更して閉じます。

現在のパスでCMDコマンドウィンドウを開く

これは新しい方法ではありませんが、CMDウィンドウをめったに使用しない人にとっては、この機能を知らないかもしれません。 +マウスの右ボタンのための追加のオプションの1つ、しかしフォルダーかハードディスクパーティションのためにだけ。これは、フォルダウィンドウの空白部分または選択したフォルダに対して実行できます。

Windows Live Messengerをシステム通知領域に最小化します。

Windows 7でWLMを使用すると、WLMアイコンが常にタスクバーに表示されるようになります。横の通知領域には、Windows Vista互換モードで実行してください。このようにして、WLMメインウィンドウが最小化されたときに、それが下部のタスクバーに表示されなくなり、アイコン位置を節約できます。

実際には、テスト後、XP /Vistaでトレイ領域を最小化することをサポートする他の一般的なプログラムでは、この方法を使用して最小化し、タスクバーに表示されません。

複数のExplorerプロセスを許可する

日常業務でExplorer(リソースマネージャ)がクラッシュしたかどうかわかりません。 Explorerは通常1つのプロセスとして実行されるため、デスクトップなどのクラッシュ時にはイライラする可能性があります。 Windows 7では、複数のExplorerプロセスを可能にする改善された方法が提供されています。エクスプローラを開いたら、Shiftキーを押しながらパーティションまたはフォルダを右クリックして[新しいプロセスで開く]を選択します。タスクマネージャのこの時点で、2つのExplorerプロセスが実行されていることがわかります。そのため、片方が何らかの理由でクラッシュしたとしても、システム全体への影響はわずかです。

クイック起動バーの取得

クイック起動バーには、XPやVistaから来た友人たちが非常に高く評価されている必要があります。多くの時間を節約しましょう。スーパータスクバーの外観で、Windows 7に入った後、以前のクイック起動バーは削除され、以前はクイック起動バーを使用していた友人は不快に感じました。新しいスーパータスクバーにもすばやくバーを起動する機能がありますが、このクイック起動バーを取得したいという人もいます。

さて、問題はありません。他の方法でクイック起動バーを元に戻すことができます。タスクバーの空白部分を右クリックし、[ツールバー] - [新しいツールバー]を選択して、下のボックスに次のパスを入力します。%UserPRofile%\\ AppData \\ Roaming \\ Microsoft \\ Internet Explorer \\クイック起動

タスクバーの右側にクイック起動テキストが表示されるようにするには、「フォルダの選択」をクリックします。サイドリンクバーを右クリックし、[テキストを表示]および[タイトルを表示]の前にあるチェックマークを外し、最後にタスクバーの左端までドラッグします。わかりました、前のクイック起動バーが戻ってきました。

スーパータスクバーのロッカー機能を試してみることをお勧めしますあなたの好きなプログラムをタスクバーにロックした後は、速くすることがたくさんなければ他の場所から始める必要はありません。スタートバー

エクスプローラにライブラリフォルダではなく、デフォルトでコンピュータを開かせます。

タスクバーのエクスプローラアイコンをクリックすると、Windows 7は以前の "コンピュータの代わりにライブラリフォルダを開きます。 "私のコンピュータ)"、これは多くの人にとって非常に不便であるに違いありません、あなたが "コンピュータ"をエクスプローラのJumpListリストに固定することができるけれども、それはいつも厄介です。

元の方法に戻したいですか?実際、それは非常に簡単です。目的を達成するためには、リソースマネージャが指すショートカットを変更するだけです。最初にすべてのリソース管理ウィンドウを閉じてから、Shiftキーを押しながらタスクバーのエクスプローラアイコンを右クリックし、[ショートカット]タブに切り替えて、ターゲットボックスのデフォルトパスの最後にスペースとカンマを追加し、[OK]をクリックします。終了しました。

タスクバーのエクスプローラアイコンをクリックすると、コンピュータのディレクトリが直接開いていることがわかります。


Win + Homeキー:現在のプログラムウィンドウのみを保持し、他のウィンドウを最小化します。

この組み合わせキーの機能は、現在のプログラムウィンドウのみを保持し、他のウィンドウを最小化することです。もう一度押すと、すべてのウィンドウが元に戻ります。これは、3番目のクラスの最後で、タイトルバーを左クリックして押したままにしてから、中速から最高速度で3回振った後、3回振るというクールな方法もあります。復元します。これはまたタッチスクリーン装置の操作にも適している。

Win + Pキー:プロジェクタを外部に接続するときに表示モードをすばやく設定します。

外付けプロジェクタの場合は、このショートカットキーを使用して表示モードをすばやく設定できます。 「コンピューターのみ」、「コピー」、「拡張」、「プロジェクターのみ」の各モードを切り替えます。

Win +メインキーボードの数字キー(1〜0):対応するプログラムのクイックスタート

この組み合わせのキーの組み合わせはこれ以上言う必要はありません、Windows 7の新しいタスクバーを導入した場所はどれでも言及しますそれに、それは対応する順序でプログラムを始めることができます(最高10まで)、RC版は選択機能を加えます、そして、実行中のプログラムはWin +番号によって選択することができます。

Shift +右クリック:JumpListを呼び出す

Windows 7のタスクバーアイコンを右クリックすると、新しいJumpListが表示されますが、元の最大化/最小化が見逃される可能性があります。 /オプションを閉じるには、Shiftキーを押しながら右クリックしてみてください。見慣れたメニューに戻ります。

Ctrl + Shift +ダブルクリック:管理者として実行

Vistaでは、毎日の操作で右クリックメニューの[管理者として実行]を頻繁に使用します。常に右ボタンを使用してください。 Ctrl + Shiftキーを押しながらプログラムを起動して "administrator"を直接実行します。

Win + Space(スペース):すべてのウィンドウを透明にして境界線だけを残す

すべてのウィンドウを透明にし、境界線だけを残す。効果は[デスクトップを表示]ボタンの上にマウスを置いたときと同じです。同じです。

Win + T:タスクバーの最初のアイコンをフォーカスに合わせる

タスクバーの最初のアイコンをフォーカスに変更し、連続して押してタスクバーのすべてのアイコンを切り替えます。走っている。

Shift +実行したいプログラムを右クリック:別のユーザーとして実行

この機能はXPで利用できますが、Vistaでは削除されましたが、再び元に戻りますシステム内。 Shiftキーを押しながら実行したいプログラムを右クリックすると、「別のユーザーとして実行」というオプションが表示されます。管理者として実行する必要があるので、他に何をしますか?このような状況を想像してみてください、あなたは一時的に何かをする必要があります。アカウントのパスワードはわかりませんが、自分のログインアカウントがあり、十分な権限があるため、社内の一部のコンピュータなど、現在のユーザーに再ログインする手間が省けます。

Shift +左:同じプログラムをもう一度実行する

Windows 7のスーパータスクバーで、同じプログラムをもう一度実行したい場合は、実行中のプログラムアイコンをクリックして選択します。 Shiftキーを押しながらプログラムアイコンをクリックして2番目のプログラムウィンドウを開くこともできますまた、マウスの中央ボタンを直接クリックしても同じ効果が得られます。

マウスジェスチャー

Windows 7のマウスジェスチャーは、タッチタイプのデバイスをサポートする準備がより整っています。これは、タッチデバイスがマウスの右ボタン操作を行うためですが、現時点ではまだ機能しません。に。タスクバーのアイコンを右クリックしてJumpList操作を開くのと同じように、タッチデバイスに切り替えると、間違いなくユーザーは頭がおかしくなります。ただし、マイクロソフトはこの重要な操作を忘れていません。タッチデバイスを使用してもマウスの右ボタンを使用しても問題ない場合は、もう1つ便利な方法があります。マウスをアイコンの範囲外にするには、左クリックして少し上にスライドさせ(タスクバーが画面の一番上にあるのが好きな場合は、対応するトラックを下にスワイプします)、JumpListが画面上でマウスに追従します。オンにすると、期間にはグラデーション効果が伴います。

Copyright © Windowsの知識 All Rights Reserved