ブート時にデスクトップスピーカー

  

多くのデスクトップを閉じる方法Win10 /Win7の/win8.1システムがあること“?ビープ&rdquoでしょう。すぐに、ブートハードウェアのセルフテストという問題がないことを示します。この音はマザーボードの内蔵PCスピーカーから派生したもので、多くの場合障害検出に使用されます。もし問題を持つコンピュータ
、それは別のアラームが鳴り、ブート、死の時々ブルースクリーンを与えるだろうし、アラームが発生しますが、現在ノートPCとタブレットは、人気のコンピュータ
、このデバイス月めったにありません。


▲写真説明:あなたがしている場合は、PCのスピーカーと1ドル硬貨

小型スピーカーは小さめ見えませんが、小さくはないアラーム動きかもしれませんより静かな環境でコンピュータを操作し、突然警官に報告するだけでも十分なので、今ではスクリプトハウスの多くのユーザーは必要ないと言っています。ただし、デスクトップコンピュータの場合、この小型スピーカーは依然として有用です。これは、障害検出や機器のメンテナンスに役立ちます。無効にすることはできませんが、プルダウンしないのが最善です。

▲写真キャプション:XPとwin7のでは、ユーザーが直接デバイスマネージャを無効にすることができます前に、マザーボードの

に接続されたPCのスピーカーが、Win8.1 /Win10ではなく、デバイスのディスプレイで。 PCスピーカーをオフにしたい場合は、2つのコマンドで直接解決することができます。次のように具体的な方法は以下のとおりです。

A、Win8.1 /Win10システム

(a)は、コマンドライン

1、右管理者としてコマンドプロンプトを実行し、[スタート]ボタンをクリックしてくださいFU

2、実行する次のコマンドを、直ちに(非永続)ホーンを閉じ:
<:、次のコマンドは、永久的に閉じられたホーン

SC停止ビープ

3でありますP> SCコンフィグ起動ビープ=無効

コンピュータ、&ldquoを再起動し、ビープ音&rdquo;コンピュータのサウンドが再び起こることはありません再起動し、PCのスピーカーを復元するために、次のコマンドを実行することができます

皮下起動ビープ設定=システム

インクルードは、レジストリエディタにキーを入力しコルタナプレスregeditを検索フィールドの入力後(b)のレジストリ

1、

2、ターゲット

HKEY_LOCAL_MACHINE \\\\ SYSTEM \\\\ CURRENTCONTROLSET \\\\ \\\\サービスビープ

3、BEEPクリック、

4に示すように、開くためにダブルクリックして右の開始を見つけるために、値を変更データは4です。次に示すように、[OK]をクリックします。

デフォルト設定に戻すには、値のデータを1に変更します。このメソッドは次回の起動後に有効になります。これは、コマンドライン方式では最初の即時シャットダウンの影響がないためです。
PCスピーカーを無効にしたい

2の、Win7とXPのシステムは、デバイスマネージャwin7のとXPで直接行うことができ、次の手順を実行します。

1 、メニューバー&ldquoをクリックして、2

デバイスマネージャ
に行き、ビュー&RARR;非表示のデバイス&rdquo;、

3に示すように、&ldquoをクリックして、非プラグアンドドライバ&rdquoを再生します。拡大プロジェクト&ldquoで見つかった左三角形、;ビープ&ldquo;

4、①win7のユーザーに&ldquo、ダブルクリックして開きます。ドライバ&rdquo;タブの下の下の&ldquoクリックし、開始&rdquo;ドロップダウンメニュー、選択&ldquo;&rdquo;、無効クリック&ldquo;&rdquo;、

②XPのユーザー以下のように決定され、右ビープ音を直接クリックして選択&ldquo; rdquo無効&;あなたは(あなたもwin7の方法を使用することができますすることができます注:直接「アンインストール」しないでください。そうしないと、再起動後にこのようなシステムデバイスドライバが自動的にインストールされます。

これら2つのシステムのデフォルト設定を復元する方が簡単で、上記のインターフェースでドライバを直接復元できます。実際には、これらのシステム原理は同じですが、XPと Windowsの
7グラフィカルなインターフェイス、および Windowsの
8.1 / Windowsの
インタフェースは、10のうちの去勢しますマイクロソフトはセキュリティ上の理由からこれを行っている可能性があり、一般ユーザーがこれらのシステム設定を簡単に変更したくない場合があります。でも投げたいファンにとっては、インターフェースが問題になることはありません。

Copyright © Windowsの知識 All Rights Reserved