Win8ショートカットキー:ロゴキーの組み合わせ紹介

  
「Win8はタッチスクリーン用に生まれた!」、これがWin8システムの第一印象のようです。 Win8ではスタートメニューがキャンセルされ、新しい「スタート」画面が追加されたため、「デスクトップ」ダイアログと「スタート」ダイアログを交互に切り替える必要がありました。かつて慣れ親しんだ設定や機能は簡単な作業ではないかもしれません。従来のコンピュータでは、キーボード操作に頼ることが多く、効率的に作業したいのですが、Win8システムのショートカットを使いこなすことをお勧めします。

この記事では、Windowsロゴキーで拡張されたショートカット機能、つまりキーボードの左下にあるMicrosoftウィンドウフラグのロゴを中心に説明します。 Windowsロゴ、準備はできていますか?

Windows 8ロゴ
"開始”画面を表示または非表示にするWindowsロゴキー
Windowsロゴキー+コンピュータでの入力検索の開始
Windowsロゴキー+ Cオープンチャーム

スーパーボタン
Windowsロゴキー+ Dデスクトップの表示と非表示を切り替える
Windowsロゴキー+ Eコンピュータの電源を入れます
Windowsロゴキー+ F Open“検索”ファイルを検索するためのスーパーボタン
Windowsロゴキー+ H開く“ share” charms
Windowsロゴキー+ I設定と開く” charms
Windowsロゴキー+ Jスイッチマスターアプリケーションスナップされたアプリ
Windowsロゴキー+ K Open“ Devices&##>スーパーボタン
Windowsロゴキー+ Lコンピュータのロックまたはユーザーの切り替え
Windowsロゴキー+ Mすべてのウィンドウを最小化する
Windowsロゴキー+ Oロック画面の向き(縦または横)
Windowsロゴキー+ Pプレゼンテーションの表示モードを選択
Windowsロゴキー+ Q開く"検索"アプリケーションを検索するスーパーボタン
Windowsロゴキー+ R開く“ ”ダイアログを実行 - タスクバーのWindowsロゴキー+ Tサイクルアプリケーション
Windowsロゴキー+ U開く設定センターの使い方が簡単
Windowsロゴキー+ Vサイクルスイッチの通知
Windowsロゴキー+ W [検索] - チャームと検索設定を開く
Windowsロゴキー+ X [クイックリンク]メニュー - [Windowsロゴキー] + [Z]アプリで使用可能なコマンドを表示する
Windowsロゴキー+ Shiftキーを押しながらVキーを押すと、通知が逆の順序で循環的に切り替わります。Windowsロゴキー+上矢印キーでデスクトップウィンドウが最大化されます。
Windowsロゴキー+下矢印キーでデスクトップウィンドウが最小化されます。画面の左側に最大化

Windowsロゴキー+右上デスクトップウィンドウを画面の右側に最大化する
Windowsロゴキー+ Homeアクティブなデスクトップウィンドウを除くすべてのウィンドウを最小化します。ストローク時にすべてのウィンドウを元に戻す)
Windowsロゴキー+スペースバーの切り替え入力言語とキーボードレイアウト
Windowsロゴキー+ Ctrl +スペース以前に選択した入力への変更
Windowsロゴキー+タブループアクセス開くアプリ(デスクトップアプリを除く)
Windowsロゴキー+ Ctrl + Tab開いているアプリ(デスクトップアプリを除く)をループし、ループするときにそれらをスナップする
Windowsロゴキー+ Shift + Tabキーを逆の順序で移動するアプリへのループオープンアクセス(デスクトップアプリを除く)
Windowsロゴキー+ PgUp&スタート画面とアプリをモニターの左側に移動します(デスクトップ上のアプリはモニターを変更しません)
Windowsロゴキー+ PgDown “画面を起動してアプリをディスプレイの右側に移動します(デスクトップのアプリはディスプレイを変更しません)。
Windowsロゴキー+ Shift +ピリオド(。)アプリを左側に配置します。アプリを右にスナップします。
Windowsロゴキー+ Alt + Enter Windows Media Centerを開きます。
Windowsロゴキー+プラス(+)またはマイナス( - )虫眼鏡を使用>ズームインまたはズームアウト
Windowsロゴキー+ Esc終了拡大鏡
Copyright © Windowsの知識 All Rights Reserved