Win7のライブラリはあなたが簡単にファイルの順序を楽しむことができます

  

ライブラリ機能はWin7システムの機能の一つであり、ネットワーク「ライブラリ」の確立に加えてWin7システムのネットワーク相互作用の経験を体験できます。システムファイルの管理を改善しました。今日は、Windows 7の「ライブラリ」を使って大容量ハードドライブを満足させ、整然としたファイルを楽しむ方法を説明します。

Windows 7システムが提供するライブラリ機能はファイルの混乱の問題を解決することができます使用方法はとても簡単です:例えば、写真はD、E、Fなどの各パーティションに保存されます。写真を旅行したり、友達と写真を撮ったりしますが、同じフォルダ内のすべての写真と同じくらい簡単に管理できるようにしてから、「フォトライブラリ」を作成し、さまざまな場所のさまざまな写真をライブラリに配布します。

[コンピュータ]を開き、左側のパネルで[ライブラリ]を右クリックし、[新しいライブラリ]を右クリックして、名前を[写真]に変更します。対応するライブラリが作成されたら、同じ種類のファイルを別の場所にそのライブラリの中に置くことができます。

ファイルを読み込む方法はいくつかあります。

方法1:包括的方法

適切なライブラリアイコンを右クリックして[プロパティ]をクリックし、[プロパティ]をクリックします。フォルダを含めるには、ターゲットフォルダを直接追加します(図1)。このようにして、考えられるすべての場所を一度にハードディスクに保存することができます。

方法2:フォルダをゼロCunfa

通常、ファイルストレージに保存されているが、適切なフォルダの設立後、良い習慣を開発する必要があるだけで右クリックそして[ライブラリに含める]を選択し、ドロップダウンサブメニューでターゲットライブラリを選択します。ショートカットファイルと同様の機能

ライブラリは、場所を問わずにファイルの、あなたはすぐにただのショートカットを使用して、ターゲットファイルに移動することができます。対応するライブラリを直接開き、ライブラリ内でこれらのファイルにさまざまな操作を直接実行するだけです。

まだWindows XPまたはVistaを使用している人は、Windows 7の "Library"機能を利用できないため、 "Tabbles"で管理できます。

コンピュータを長期間使用するにつれて、コンピュータに蓄積されるさまざまなフォルダが増えていきますが、正規のWin7ライブラリ機能を使用すると、これらのファイルをより適切に管理できます。

Copyright © Windowsの知識 All Rights Reserved