Win7システムプランバックアップ機能説明書

  

MicrosoftはWin7のシステム計画管理機能を最適化しており、以前のシステムに比べてより強力で実用的で、ユーザーはシステム管理の「バックアップ計画の設定」機能で自動バックアップ計画を設定できます。トランザクションを自動的に処理する機能を強化しながら、システムデータのセキュリティを強化するために定期的に自動バックアップ処理を設定します。これは日常業務が処理されない時間に行うことができます。 Win7 Ultimateシステムでスケジュールバックアップ機能をすばやく有効にする方法を説明します!

手順:まず "WIN + X"を押します。 "キーの組み合わせ、win7 Ultimateシステムの"コントロールパネル "を開き、" Windows7ファイルの回復 "を見つけます。

2、最初のバックアップをクリックしたユーザーは、[バックアップの設定]をクリックします。それを選択したら、[次へ]をクリックします。

3.設定のバックアップでは、デフォルトで[Windowsで選択]を選択し、バックアップするファイルの内容を選択してこの実験で[選択してください]を選択します。 >

Windowsに選択させます

4. [選択してください]を選択した後は、自分でバックアップ場所を変更して[次へ]をクリックできます。

自分でバックアップ場所を変更する

5、あなたはデフォルトのスケジュールされたバックアップ時間を見ることができます、あなたはクリック変更計画を変更することができます。設定後、[設定を保存してバックアップを実行]をクリックします。

[設定を保存してバックアップを実行]をクリックします。

6.変更計画をクリックすると、変更内容が表示されます。 Br>

変更内容のポップアップ

7.上記の操作が完了すると、最初のバックアップが自動的に開始されますので、再度バックアップしたくない場合は、左側の[プランを閉じる]をクリックしてください。

Copyright © Windowsの知識 All Rights Reserved