隠しファイルを追加するには、コンテキストメニューのコマンドを表示します7を獲得

  

単に検索方法に、右に「隠しファイルとシステムファイル」メニューを追加する方法に助けを求めた領域で友人を持って、出て、それを共有するために、必要としている友人を助けるために願っています。

シンプルで、

ステップ1メモ帳を開き、次のコードにコピーします。Dim WSHShell

に設定WSHShell = WScript.CreateObject( "WScript.Shell")

sTitle1 = "SSH = 0"

sTitle2 = "SSH = 1"

WSHShell.RegRead( "HKCUSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerAdvancedShowSuperHidden")もし= 1次に

WSHShell.RegWrite "HKCUSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerAdvancedShowSuperHidden"、 "0"、 "REG_DWORD"

WSHShell.RegWrite "HKCUSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerAdvancedHidden"、 "2"、 "REG_DWORD"

WSHShell.SendKeys「{F5} + {F10 } e "の

「WSHShell.Popup" パッと消える、彼らは消えている! "1、sTitle1、vbInformation

他の

WSHShell.RegWrite" HKCUSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerAdvancedShowSuperHidden "" 1 "" REG_DWORD "

WSHShell.RegWrite" HKCUSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionExplorerAdvancedHidden "" 1 "" REG_DWORD "

WSHShell.SendKeys" {F5} + {F10} E「

「WSHShell.Popup "ここで彼らは!"、1、sTitle2、 vbInformation

END IF

設定WSHShell =何も

WScript.Quit(0)

SuperHidden.vbsファイルとしてコピーコードは(保存を選択してください - フォーマットすべてのファイル、ファイル名入力SuperHidden.vbs)を選択し、Windowsディレクトリにコピーされた(それは任意のディレクトリにすることができます)

ステップ2は別の新しい文書ファイルには、次のコードを入力します。REGEDIT4

[ ,null,null,0],HKEY_CLASSES_ROOTDirectoryBackgroundshellexContextMenuHandlersSuperHidden]

@ = "{00000000-0000-0000-0000-000000000012}"

[HKEY_CLASSES_ROOTCLSID {00000000-0000-0000-0000-000000000012}のInprocServer32]

Copyright © Windowsの知識 All Rights Reserved