Win 7システムのディスク保護機能を無効にする方法

  
通常、モバイルハードディスクまたはUディスクを使用してコンピュータ内のファイルデータをコピーすると、ディスクはプロンプトウィンドウから保護され、コンピュータとモバイルストレージデバイス間のデータのコピーができます。トラブルこれは主にシステムがディスク保護機能を有効にしているためで、この機能をオフにするだけでディスク保護のプロンプトウィンドウは表示されません。
1、win7 64-bit flagship versionのダウンロード、Win + Rキーの組み合わせをクリックしてファイル名を指定して実行ダイアログボックスを表示し、実行ウィンドウにregeditコマンド文字を入力すると、レジストリエディタを開くことができます。レジストリエディタを踏襲

2、以下のオプションを展開します。HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControlStorageDevicePolicies、次に、[DWORD値を作成]を選択して右クリックします。

3は、作成されたウィンドウのDWORD値ここで、値がリネームはライトプロテクトしながら、直接、0に設定されています。
このチュートリアルの方法は、レジストリを介してディスク保護機能を無効にすることを主な目的としています。
Copyright © Windowsの知識 All Rights Reserved