win7でPPTソフトウェアの失効数を変更する方法?

  
実際には、オフィスソフトウェアの範囲は非常に広く、私たちのよく知られているワードソフトウェアやエクセルソフトウェアに加えて、PPTソフトウェアもその一つであり、デジタルメディアの発展と共に、ますます多くのユーザーがこれを使う傾向にあります。グラフィックと文書制作ツールの組み合わせ。ただし、特定の編集プロセスでは編集エラーが発生することは避けられませんが、win7 UltimateシステムダウンロードのPPTでは、失効回数は制限されています。ユーザーはこの数が多すぎると思います、この数は十分ではないと感じるユーザーもいますので、win7 Ultimateでキャンセル数を変更するにはどうすればよいですか?以下、Xiaobianが詳細に説明します。まず、win7 UltimateでPPT文書を開き、右上の「Microsoft Office」アイコンを見つけて「開く」をクリックし、表示されるメニューから「PowerPointオプション」を選択します。
2.下の図に示すように、[PowerPointのオプション]設定ウィンドウが表示されます。左側のメニューの[詳細設定]オプションをクリックし、右側のウィンドウで[最大キャンセルアクション]オプションを見つけます。 PPTファイルの失効数を設定する場所がありますので、必要に応じてこの値を変更し、[OK]をクリックして設定を保存します。

Copyright © Windowsの知識 All Rights Reserved