win 7システムでAero特殊効果がシステムメモリサイズを占有する方法を表示

  
win 7システムでAero効果がユーザーにオペレーティングシステムの異なる立体感を持たせることができますAeroはAuthentic、Energetic、Reflective、Openの略です。それは三次元の、衝撃的な、遠近感のあるそして広いユーザーインターフェースを意味します、しかし、何人かのユーザーはAero効果がwin7システムで立ち往生しているシステムを持っていると報告します。特殊効果が原因で何が起きるのでしょうか?以下の小シリーズでは、Aero効果が占有するメモリサイズを確認する方法を説明します。タスクバーを開き、タスクバーを開いた後、[プロセスオプション]に切り替えます。
3、タスク名dwm.exeを見つけて、メモリ使用量を確認します。ほぼWin7のAeroエフェクトメモリ消費量アップ!上記のチュートリアルを

、私たちは、dwm.exeプロセスはエアロ効果であることを知って、我々半分のメモリフットプリントアンチウイルスソフトウェアでも到達できないので、「dwm.exe」プロセスは、システムのメモリサイズを消費することができます参照してくださいする必要があり、そのプロセスは、システムメモリの容量を消費することは、無視することができます!
Copyright © Windowsの知識 All Rights Reserved