Win7システムでは、Uディスクで直接プラグアンドドロップ方式をサポートできます。

  
Uディスクを頻繁に使用するユーザーは、通常Uディスクをコンピュータに接続した後でUディスクデータのセキュリティを確保するために使用しません。 「デバイスを安全に取り外し」オプションを使用してUSBフラッシュドライブを安全に終了し、次にUSBフラッシュドライブを取り外します。このような操作がUSBフラッシュドライブを頻繁に使用するユーザーにとって非常に厄介な場合Uディスクを直接出し入れできる方法、そしてユーザーが試してみる必要があります!
Win7システムはUディスクが直接プラグアンドドロップ方法をサポートできるようにします。
ステップ1:キーの組み合わせ "Win + R"を使う必要があります「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開き、「devmgmt.msc」と入力してEnterキーまたはOKキーを押します。

ステップ2:私たちは、デバイスマネージャ画面を見ることができますし、ウィンドウに、我々は「ディスクドライブ」を見つけて、我々はUのディスクドライバを見ることができる、拡張、および(図のように、ダブルクリックして開きます。

第三段階:Uディスクプロパティが開くように設定されている、我々は、政策のウィンドウに切り替え、その後急速な「クイック消去(デフォルト)」タブを確認し、[保存

をクリックします!上記の手順を完了したら、Uディスクを直接抜き差しすることができます。これにより、面倒な "安全な削除"や "安全なポップアップUディスク"の操作を省略できます。
Copyright © Windowsの知識 All Rights Reserved