SATAハードディスクをサポートするようにBIOSを設定する

  
シリアルハードディスクがオンボードシリアルコントロールチップによって制御されるインターフェースに接続されている場合、セットアップは比較的簡単です。例として、P4C800のPDC20378シリアルコントロールチップを取り上げ、シリアルハードディスクを接続してBIOSを起動します。

アドバンストメニュースイッチの下の動作モードでは、オンボードシリアルコントローラになって、動作モードを設定されています。 IEDに設定すると、起動後にIDEモードに入ります。
すべての設定が完了した後も、このシリアルポートからハードディスクを起動する場合は、BIOSで起動項目の設定を確認する必要がありますブートメニューにあるBoot Device Priorityで、起動ファイルにこのハードディスクがロードされているかどうかを確認します。 SATA378 TX2Plus D0と表示されます。プラスPCIコントローラカードの設定方法は似ていますが、外付けシリアルコントロールカードを使用する場合、マザーボードにオンボードシリアルコントロールチップがある場合、無効にしない場合は無効にするのが最善です。オペレーティングシステムに入ることができなくなります。
Copyright © Windowsの知識 All Rights Reserved