Win7のシステムOffice2013のログイン機能の設定方法

  
オフィスツールは、常に最初のoffice2003から現在の2013年まで、常に改善されている、オフィスのプロセスではなくてはならないソフトウェアとなっています。現在、office2013を使用するにはアカウントログインが必要で、OneDrive同期機能をサポートしていますが、それは本当にハイエンドのようですが、それも不便をもたらします。以前の操作方法に慣れている多くのユーザーは、アカウントにログインしたくないので、win7 UltimateコンピューターでOffice 2013のログイン機能を設定する方法を以下に説明します。
Office2013ログイン機能の設定方法
1.まず、win7 Ultimate computerのキーボードのwin + Rショートカットキーを押して、実行中のウィンドウにregeditと入力しましょう。 Enterをクリックすると、win7 Ultimateシステムのレジストリエディタウィンドウが開きます。
2.表示されるウィンドウで、左側のメニューのHKEY_CURRENT_USER \\ Software \\ Microsoft \\ Office \\ 15.0 \\ Common \\ SignInをクリックし、右側に新しいDWORD(32ビット)値を作成します。それはSignInOptionsに改名されます。
0代表:ダブルクリックして次のように新しいエントリを開くには、その後、その値のデータを変更、仕様

3、後のMicrosoftアカウントを持つユーザーを、組織IDログインオフィス1人の代表を
:ユーザーはMicrosoftアカウントでOfficeにログインします。
2代表:ユーザーは組織ID <3>でOfficeにログインします。代表:ユーザーはMicrosoftアカウントを無効にし、OfficeにログインするためのIDを整理します。多くの新機能がありますが、問題も生じています。 Xiaobianの誰もが教える方法は、問題をある程度軽減するのに役立ちます。今すぐお試しください!
Copyright © Windowsの知識 All Rights Reserved