Win7のシステムが正しくプロジェクターデバイスに接続されているグラフィックチュートリアル

  
win7のシステムどのように正しくプロジェクターデバイスを接続するには?プロジェクタデバイスは学習に使用されるだけでなく、家庭、オフィスなどでも使用される必要があるので、プロジェクタの接続設定を習得することは非常に重要です。多くの場合、ユーザーはプロジェクターをWin7システムに接続する方法を質問しますので、プロジェクターデバイスをWin7システムに接続する詳細な方法を紹介するために、Win7 64ビットシステムを例に取りましょう。

解決手順:まず
、プロジェクターがコンピュータにビデオポートに、そしてプロジェクターケーブルをオンになっていることを確認してください。
注:プロジェクタはVGAまたはDVIケーブルを使用しています。ケーブルは、コンピュータの対応するビデオポートに差し込まれている必要があります。一部のコンピュータには2種類のビデオポートがありますが、ほとんどのラップトップには1種類のビデオポートしかありません。プロジェクターによっては、USBケーブルを使ってコンピューターのUSBポートに接続できます。

VGAポートとDVIポートが第二
、「スタート」ボタンをクリックすることで、その後、「コントロールパネル」をクリックしてください。

第三に、[コントロールパネル]を開きます。検索ボックスに「プロジェクター」と入力し、[プロジェクターに接続]をクリックします。

、代わりに「コントロールパネル」のキーボードショートカットを使用するWindowsロゴキー+ Pを押します

四つの下では、プロンプトが表示され、描画、所望の表示デスクトップモードを選択します。

(デスクトップは4つのオプション
「のみコンピュータを」と表示されます。この意志だけで、コンピュータの画面を選択するために使用デスクトップが表示されます。)「コンピュータのみ」モードでは、ノートブックは正常に動作し、画面情報は出力されず、外部デバイスはコンピュータ画面を表示しません。投影の準備をしているときは、PPTの選択、画面の設定など、他の人が見られるように投影を拡大することはしないでください。 (コンピュータ画面やプロジェクターのデスクトップを示していると思います。)

「コピー」
「コピー」モードでは、ノートパソコンの画面とプロジェクタが同時に同じ内容を表示するようにすることです、このモデルでは、デモンストレーションのために特に適していますソフトウェア操作
"Extension"(これはデスクトップをコンピュータスクリーンからプロジェクターへと拡張します。)
"Extended"モードは外部デバイスが拡張スクリーンを表示することを可能にします。画面では、ノートパソコンの画面が独自のことを行うことができます。
Copyright © Windowsの知識 All Rights Reserved