win7の変更win10のログインインタフェースの方法win7のログインインタフェースwin10のチュートリアルを変更する

  

win7の変更win10のログインインタフェースの方法が来ています! win8.1 /win10のきれいな単色のログインインタフェースを見るために使用され、突然win7のログインインタフェースは多少派手だと感じました。以下のwinwログインインタフェースは、win10チュートリアルを修正するために、興味のある友人がそれを試すことができます!


レンダリングを見て、それは、変更Win7のwin10のログイン画面の後のようなものです:win10の外観を変更するための

win7のログイン画面、ちょうど2つのステップ: 1 2つのファイルを置き換えます; 2ログインの背景画像を変更します。

造園経験のある友人にとって、これは非常に簡単な2段階のプロセスです。ただし、システムファイルを置き換えるには少しスキルが必要で、一定のリスクがあります。したがって、ここで詳細に分解作用を紹介する必要があります。 Win7を使用していて、投げよう​​としている友人は:私に従ってください:

注意:あなたのWin7システムはSP1バージョンである必要があります、あなたはコンピュータのプロパティでシステムバージョンを見ることができます。

1.最初に必要なファイルをダウンロードします(ダウンロードするにはここをクリックしてください)。 32ビット版のx86、64ビット版のx64の4つのフォルダがあり、ユーザーのアバターのデフォルトは可変ではありません(Win8 /10のデフォルトのグレーのアバター)。変更可能は、ユーザーのアバターを変更できることを意味します。アバターエリアが広くなっているので、アバター画像は少し伸びます。

2、造園をし、ルービックキューブをインストールしなければなりません!ルービックキューブをダウンロードしてインストールしてください。以下に示すように、右クリックメニューでソフトメディア設定マスターを開きます - 右クリックメニュー項目を追加し、「所有権を取る管理者」を選択し、右下隅の「適用」をクリックします。 authui.dllとbasebrd.dll:

3、2つのシステムファイルを置き換えます。その中で、C:WindowsSystem32ディレクトリ内の

authui.dll; C:WindowsBrandingBasebrdディレクトリ内の

basebrd.dll;

これは置換を紹介する例としてauthui.dllファイルです。方法:

authui.dllファイルを右クリックして "Administrator Takes Ownership"を選択し、 "User Account Control Window"が表示されたら "Yes"を選択し、黒い背景のウィンドウが点滅するのを待ちます。 authui.dllファイルを右クリックし、「名前の変更」を選択し、ファイル名の末尾に.oldを追加し(削除しないで、必要に応じて復元します)、次にアーカイブのauthui.dllファイルをここにコピーします。以下に示す:
ログイン

4は、同じ方法をbasebrd.dll置き換えます。

5、最後に、ログイン画面の背景画像を変更する必要があります。 Rubikの造園マスターを開く - ログイン画面 - zipパッケージで提供されているBackground.jpgを参照します背景を置き換える必要がある場合でも、背景を選択して[適用]をクリックします。

Copyright © Windowsの知識 All Rights Reserved