Win10は、batコマンドを使用してセーフモード方法

  
を実行します。Win8 /Win8.1以降のWin10では、セーフモードに入るのは簡単ではありません。 Win7やXPなどの以前のシステムでは、起動時にF8キーを押してセーフモード選択メニューに入ることができます。これは、システムが状況に突入できなかったという突然の解決に非常に役立ちます。実際には、Windows 10では、この古い方法でセーフモードに入ることもできますが、初めて「迂回路」を設定するときは初めてです。次のように

具体的な方法は次のとおりです:1
、Win10の起動ディスクまたはCD-ROM Win10 U Uディスクミラーリングまたはディスク燃え生産を使用して、
2は、良い図を作るために、コンピュータ媒体の使用を開始します。インタフェース -

3、インターフェイス機能のいずれかをクリックしてShiftキーを押しながら+ F10は、コマンドプロンプトを開いていない。
4、次のコマンドを実行します(左のスペースに注意してください):
ます。bcdedit /セット{デフォルト}
5
bootmenupolicyレガシー、このアプローチはやや面倒ながら(例えば図のように)セーフモードのメニューオプションを入力する画面の前に起動中のコンピュータ(マイクロソフトの青いロゴ)F8キーを押し、再起動
が、最後に、それは緊急になることができます。コンピュータで「クイックスタート」が有効になっていない場合、この設定は「一回限り」になります将来、セーフモードで起動するときにF8キーを押すと、セットアップ前にシステムに入る必要がなくなります。
デフォルトの状態に復元する場合は、管理者モードの[コマンドプロンプト]モードで次のコマンドを実行します。
bcdedit /set {default} bootmenupolicy standard
次に、もう一度[クイックスタート]を開きます。ただ大丈夫です。
Copyright © Windowsの知識 All Rights Reserved